タンザニア(アフリカ) 現地情報(Tabisuke)

思ってたのと違う!アフリカのタンザニア都市 病院編その3

投稿日:2018-01-07 更新日:

 

医療ボランティアが終わっても、ちょこちょこ病院に顔を出しているめでぃすけ@Medisuke_tw)です。

病院での活動中は自分で作った名札を胸にあてていたので、結構みんな名前を覚えてくれました。

だから、みんな私の名前を呼んでくれるんですが、私は名前を覚えるのが苦手なので、「マンボー」としか言えないのが大問題。知らない(自分が覚えてないだけ)人からも、声をかけられるので結構疲れます。

こんな私の話はどうでもよくて、今回はこの病院について今まで書いてないことをバァーーーッと書いてきます。

最後に、ガッツリ治療風景(不快な画像・映像)を載せてますので、見たくない方は最後の『Dressing room 閲覧注意』は避けてください。

過去の記事はこちら↓

medisuke.com

medisuke.com

実は・・・

Bochi hospital前の通り

Bochi hospitalの前の道

bochi hospitalからの景色

Bochi hospitalの窓から

私を受け入れてくれた『Bochi Hospital』はまだ運営をはじめてそんなに経ってない病院だったということ。

2〜3年くらいかなぁ

私がいた2週間でも、いろんな改善点がカンファレンスで発表されていたし、イントラネットも新たに導入中でした。

新しい病院なので、ダルエスサラームではあまり認知されていないんです。郊外の田舎にあるのも原因だと思いますが。

そして、Uberのドライバーが言っていましたが、Bochi Hospitalのサービスは素晴らしい。絶賛してました。そのせいか、結構遠くから通っている患者もいました。

まぁ自由度が高そうな、なんでもやってくれそうな病院ではありました。

 

↓どうしても新しいとは思えない箇所もある↓

疾患ランキング

この病院に限らない話だと思いますが、疾患ランキングを聞いてきました。

第4位…Peptic ulcer disease(消化性潰瘍)
意外です。体だけは強いと思っていたのに。

第3位…Hypertension(高血圧症)
どこの国でも生活習慣病は上位ですか。

第2位…Hyperglycemia(高血糖症) ・Diabetes Mellitus(糖尿病)
これもまた生活習慣病かいな。デブ多いしなぁ

では、第1位わかりますか?

答えは写真の後!

採血場

ここでガンガン採血します

血液検査室1

理科室みたな血液検査室

血液検査室2

大学の実験室みたいな感じなのも

血液検査室3

ありました!なんかすごそうなヤツ!

第1位…Malaria(マラリア) 

確かに、薬の数多かった。こわっ!

ってか、デブ多いのに生活習慣病のHyperlipidemia(高脂血症)は上位では無いんですね。

Injection room

注射室

これ普通ですかね?注射用薬ってそこらじゅうにあるもん?(使用済み)

赤ちゃんの検診

あおぞら検診 赤ちゃん用

あおぞら検診

建物移設中につき、あおぞら検診となっております。なので、外はいつも赤ちゃんの鳴き声聞こえます。

血圧・身長・体重など

体重・身長・血圧

屋内じゃないということは伝えておきたい

Emergency room

ギブス作り

ギブス作ってます 簡単につくれます

手術台みたいなものと、影作らない電灯があるが、やってることはドレッシングルームと同じ。ただ、ギブス作るのはいつもこの部屋。

X-ray room

レントゲン室

レントゲン撮影で泣き叫ぶ子供 よく見ると母親もいます

泣き叫んでうまくレントゲンの撮影が出来ない子供。落ち着いた子供を見て、

「今だっ!」

っと急いで撮影ボタンを押しに来たドクター。

僕らも、

「ヤバイ!X線がくる!逃げろ!」

っと急いでガラスの向こうに逃げる。

「このガラスのこっち側なら、X線を浴びずに済むんだ。大丈夫。」

っと誇らしげなスタッフたち。

・・・

 

それを患者の前で言うなよ・・・

しかも母親は子供のために、もろX線浴びてるぞ。。。

そんなワチャワチャなレントゲン室。

レントゲン現像中

レントゲン画像の現像中

本当は・・・

実はもっとやりたいこと、経験したいことはたくさんあったんですが、タイミングの問題で難しかったです。

ただ、ボランティアが終了した後も、病院のトップ(創設者)のドクターの家に招待されたり、そこの子供とバスケをしたり、年越しパーティーに招待されたりとボランティア活動だけでは経験出来ないことをたくさん経験できました。

24時間年中無休。人に優しい良い病院でした。

めでぃすけとタンザニアの薬剤師達

薬局スタッフ達 iPhone7で写真を撮ってもらいたい人多すぎ

『Dressing room 閲覧注意』

Warning

 

施術中なのに、撮影してしまって申し訳ありませんm(__)m

本当にヤバイやつは、患者を抑えたり、手伝うのに全力で撮影出来ませんでした。

では徐々にレベルが上がりますのでどうぞ。

怪我1

この人の症状は足の指ではなかった件

ただ撮っただけです。患部は写ってません。

怪我2

骨折みたいです あの金属で骨を固定しているみたいです

怪我3

これの大きくてひどいのが、一番多い症状でした

怪我4

もうどうなってるのかわかりません

これクラスのグジュグジュ系が多かったです。

それをゴシゴシ洗うんですよ・・・

痛いに決まってる。

もっとやさしく洗ってあげればいいのに。

怪我5

麻酔(リドカイン)をブサブサ刺した後なので、注射の時ほど暴れてません

指先の化膿が進んで、爪が浮いている状態だったので爪を剥ぎました。

この患者の指小さい上に、痛くて・怖くて暴れるから、麻酔の注射針が指を何度か貫通して大変でした。抑えている私の指にも刺さりそうな勢いでしたね。

ちなみに患者の太ももの上にあるのが剥いだ後の爪です。

患者ガン見です。目の前で自分の爪が剥がれるのなんて見たくないものですが、目の前で行われているのでしょうがないですよね。

麻酔してたかな?

お尻の皮を切り膿を出しているところ。そりゃ痛い。

イメージは巨大ニキビに切り込みを入れて、力づくで膿を出す感じ。

しかも、お尻の両サイド。

膿、ムチャクチャ出てきましたよ。

しかもその傷口にオキシドール突っ込むというドSっぷり。

 


 

-タンザニア(アフリカ), 現地情報(Tabisuke)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダルエスサラームの田舎道

これがダルエスサラームの交通事情だ!

タンザニアロスに最近なっているめでぃすけ(@Medisuke_tw)です。 結構ダルエスサラームにうんざりして帰国したのに、この日本の寒さがタンザニアの暑さを懐かしくさせますね。 主要道路から1つ外側 …

in front of bochi hospital

思ってたのと違う!アフリカのタンザニア都市 病院編 その1

今回の医療ボランティアは、体験学習みたいなものだと思っているめでぃすけ(@Medisuke_tw)です。 とりあえず、無事2週間のボランティア終了しました。 医療ボランティアをやるキッカケについてはこ …

ダルエスサラームを空から海側

思ってたのと違う!アフリカのタンザニア都市 入国編

始まりましためでぃすけ(@Medisuke_tw)の暗黒大陸入国編。 日本はクリスマスムードなのかなぁ 雰囲気が良い時期ですね! そんな、雰囲気の良い日本を避けた理由が書いてあるのがこちら↓ medi …

Mbeziのバスのりば

Daradara Wars ダルエスサラームの日常

とある日のこと。 友人のタンザニアンが現地の人しかいない、現地の生活が見れるローカルな場所に連れてってくれるというのでついて行くことに。 目的地は山の向こう。   私達は山を超えるためダラダ …

薬を調剤するめでぃすけ

思ってたのと違う!アフリカのタンザニア都市 病院編その2

自分ほんと英語ってか言語って苦手だなと最近思うめでぃすけ(@Medisuke_tw)です。 それでもタンザニアで友達、仲間は増えていくのが不思議です。どんどん英語が雑になっていく… そしてどんどん、ス …

「薬剤師×英語×IT」
とか言いたい30代。
約6年間のドラックストア・調剤薬局経験を通して、化粧品・雑貨・医薬品・食品・店舗マネージメント・在宅医療など、あらゆることを学んできた。すごく大変で、地獄で、ブラック感はあったがやりがいだけでやってこれた。
しかし、ついに仕事(薬剤師)から開放されて好きなことをし自由に生きたくなり、退職。もう二度と薬剤師には戻らないと決意するが・・・

Profile